期間工の道

20代♂現役マツダ期間工(一年目) 期間工で借金を返済し人生をリセット!そしてやりたい事をやって生きていく!そんな道のりを日々書いています。

マツダ期間工 寮 まとめ

どうも!コウです!

この記事は、マツダ期間工が住むことになる寮の中で、私が実際に住んでいる
第二小磯寮
についての情報をまとめましたので、なにかの参考になればなと思います

第二小磯寮

ちなみにマツダ期間工の他の寮も第二小磯寮とほぼ同じような内装設備となっているみたいです 
まずは部屋の内装からご紹介

扉から入った所
DSC_0198.JPG

扉側  

ベランダもあります
DSC_0200.JPG
部屋はざっとこんな感じです
一番重要なポイントは

・完全一人部屋

という点でしょう 
マツダ期間工で寮に入ると一人部屋が確定します
これがマツダ期間工の大きなメリットのひとつなのは間違いないでしょう
(正社員は二人で使用することもあるみたいです。新入社員は二人確定なのかも)
部屋に入るといきなり大きな2段ベッドが2つありますが、これは元々この部屋をタコ部屋として使っていた名残です
 完全に一人部屋なので安心してください 
自分が使わないベッドは物置として使えます 
洗濯物をほしたりするのにも使えて意外と重宝します
ベッドの奥側はフローリング部分も含めると
約6畳ほどのスペースがあります
そこに、画像でもあるように

・冷蔵庫
・机
・テレビ
・空調

の4つが無料で備え付けられています
冷蔵庫は冷凍庫もついてて、一人で使うには充分すぎる容量もあります
テレビは私はほとんどみないのでたいして興味はないのですが、ニンテンドースイッチを買ったのでそれをやるようのモニターとして使ってます
空調の調子も良いですよ。夏でも弱で十分でした
コンセントはベランダ側の壁に2つあります
ベッド側にはないのでベッドの側に充電器置きたい人は延長コードが必須ですよ
机はそこそこ大きいのでパソコンなどを置いても問題ないです
私の机周りはこんな感じです

DSC_0207.JPG

入り口の扉を開けたところにクローゼットや靴箱、物置になるスペースがけっこう多くありますので、荷物いっぱいもってきても問題なく入ります 

水回り関連

風呂、トイレ、洗面台、台所

これらの水回り関連は部屋にはありません

自炊も禁止です
トイレが部屋にないのはマイナス要素ですが、慣れればまぁいいかって思うようになりました
人間は環境に適応する生物だということを認識できます 

部屋の防音性

隣の部屋の声やテレビの音が聞こえることはありません
しっかりとした防音性があります 
しかし、廊下からの音が響く
扉の閉じる音や足あと等がけっこう響いてきます
神経質な人は少しつらいかも?
私も少し気になったのでどうにかできないかと思って調べていると
DSC_0208.JPG
どうやらこの扉の下の通気口?みたいなところから音が入ってきている模様
というわけで塞いじゃいました
 
DSC_0209.JPG

ガムテで笑
こんなんで変わるの?と思いましたが、かなり防音性があがりました 
廊下からの音もほとんど気にならなくなったのでこれはおすすめですよ

部屋の様子は大体このような感じです
一人で生活するには充分すぎるスペースと設備がありますのでタコ部屋が嫌な人にはおすすめできます
お部屋の紹介は以上!

共同スペース

トイレ

小便コーナー

DSC_0204.JPG

大便コーナー

DSC_0205.JPG
トイレは大小どちらもけっこうキレイです
しかもかなり広く、各階に設置してありますので、なにも問題ないですね
大便は和式、洋式両タイプ揃っています、トイレットペーパーもついてますよ
ウォシュレットやあったかい便座なんてものはついてないです
そこまで求めてはいけません

洗面所

DSC_0201.JPG
洗面所スペースもトイレのとは別にしっかりしたものがあります
洗面台の数も多く、こちらもかなり清潔できれいです
 お湯もすぐに出てくるので冬場も安心です
 コンセントもあるのでドライヤー等もここで使うことができますよ
日当たりも良好なので寝起きにここで顔洗ってると良い目覚めになります

 

給湯室

DSC_0203.JPG

給湯室の中には
・電子レンジ
・洗い場
・給湯ポット?
・IHコンロ

があり、自由に無料で使用可能です
給湯ポットは24時間熱々のお湯が湧いてますので、いつでもカップラメーンを食べることが出来ます
部屋の中での自炊が禁止されているので、料理をする時は基本的にここですることになります
洗い物もここでしましょう
洗い場にスポンジが置いてありますが、気になる方は新品買ってきて自分で洗い物する時に部屋から持って行って持って帰りましょう
私はそうしてます
とてもじゃないけど使えません 

 

洗濯所  

f:id:kikankou-kou:20170816210431j:plain

有料です! 一回100円
4つあり、30分程で終わります
乾燥機は一つ
こちらも100円入れれば動く形式
一回100円なので、できるだけ洗濯物はまとめて洗ったほうがお得です
大体スーパーの買い物カゴ満タンくらいの容量がMAXでした
一週間に一回のペースで大丈夫そうです

 

お風呂場
さすがに風呂場の画像はご用意できませんでした 
第一浴場と第二浴場のふたつの浴場が用意されています 
どちらも構造は同じ
中には大きめの浴槽が2つ 洗い場が10箇所くらいあります
小さな銭湯をイメージしてもらえればいいかな?
お湯の温度もちょうどいい感じ
熱すぎず温すぎず
 シャワーの勢いも強いので満足です(けっこう重要)
脱衣所も中々広く、鍵付きの貴重品入れロッカーもあります
着替えとかを入れるロッカーには鍵がないので注意です
貴重品は部屋においておきましょう
 脱衣所にある足ふきマットには魔物(水虫)が住んでいるという噂があるので、私は絶対使わないようにしてます

 使用時間は5時から24時まで
夜勤明けでもちゃんと入ることができるように考慮されているので安心ですね
いつでも風呂に手軽に行けるのはかなり良いです!!
私はシャワー族の人間でしたが、ここに引っ越してきてからは毎日風呂入ってます
やっぱりお風呂に入ると疲れがしっかり取れます
寮の最大のメリットはここなんじゃないかなと個人的には思ってますよ

エレベーターは各階ちゃんとついてます

 ロビー

1階に寮管さんが待機している部屋があります そこで

掃除機のレンタルや、自転車のレンタルの手続き
ゴミ袋もここでもらう形式です
自転車の貸出時間は3時間までです
郵便物はロビーに各部屋ごとの郵便ポストがあるのでそこに配達されます
大きい荷物や書留等に関しては寮管室で預かってもらってそれを受け取りに行く形式です
郵便物が届いているかどうかは在寮確認プレートで判別できます(ひっくり返したりするやつです)
追記:トレーニングルームの情報を追加
別記事にまとめました 

 

www.kikankouroad.xyz

 

 

 最後の共同スペースに食堂があるのですが、こちらも別記事にまとめさせてもらおうと思います 飯
関連のまとめは後日記事にしますのでお楽しみに
追記:食堂情報まとめました 

 

 

 

www.kikankouroad.xyz

 

 

通勤

第二小磯寮から職場までの通勤手段は

徒歩 + 社内バス

となっています
第二小磯寮から一番近い門まで徒歩5分くらいです
そこから入って社内バスにのり職場によって時間はバラバラですが私は5分くらいの職場です

徒歩5分 バス5分 バス降りてから工場内徒歩5分

通勤時間の合計は15分くらいですね 
バスの待ち時間が5分くらいあるときもあるのでそこだけ注意です 通
勤時間に関してはかなりいい部類なんじゃないかと思います

 

私の住んでいる第二小磯寮はざっとこんな感じです
共同スペースはどれもキレイで、部屋も一人で使うには充分です
住居環境に関して言えばマツダの期間工はかなり恵まれているほうだと思います (物騒な事件も発生してますけどね)
皆さんの期間工を選ぶ際の参考にしてもらえれば幸いです